FC2ブログ

プロフィール

ambleside

Author:ambleside
江東区豊洲・中央区晴海にてフラワーアレンジメント教室
『Flower Salon Ambleside』を主宰。

ヨーロピアンテイストのアレンジで生花・プリザ・アーティフィシャルを取り扱う。

イギリスのロンドン郊外にあるStanmore collageにて学びフラワーアレンジメント・フローリストのDiplomaを取得。
日本では、IFA協会認定講師 
カットフラワーアドバイザーを取得。

お花のある暮らしを推奨しており、インテリアにマッチするシックなアレンジをお伝えしています。

イギリスでは、お花が生活の一部であり身近な存在です。花は、特別な日だけでなく日本でも花のある暮らしを楽しむ方が増えることを願っております。 


FC2カウンター


カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2450位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
574位
アクセスランキングを見る>>

リンク


Facebookページ


カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

勉強会

久々の勉強会で デモンストレーションを見にお出かけしてきました。

ドイツのGregor Lerschさんトークショー&デモ。
ロンドン時代の恩師から聞いていたデザイナーの方で 枝物を巧みに使用したアレンジが特徴の方です。

ドリームキャッチャー ってご存知ですか?

アメリカンインディアンたちがもともと作っていたもの。

ドリームキャッチャーのシンボルは、

輪・・・サークルは生命と死の再生その永遠
キャッチャーネット・・・蜘蛛の巣をイメージ悪い夢を捕まえる
羽・・・夢を見た意識の中に、良い夢がゆっくり優しく入っていく
ビーズ・・・捕まえた良い夢がたくさんあることを表す

寝室に飾るとドリームキャッチャーが夢を引き寄せるといわれているとか。
悪い夢ならキャッチャーネットが捕まえてしまう。
良い夢であれば眠っている人の意識の中にゆっくりと羽を伝って降りてくる。
朝が来て日光に当たると悪い夢は溶けてなくなる。
というものだそうです。

魔よけ的なものですが、
お花で表現しています。

ごく一部ですがこんな感じです。
IMG_0686-(1).jpg


色合い 資材の使い方 デザインなど刺激になりました。

機会があればヨーロッパで花の研修にまた行きたいな。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://ambleside.jp/tb.php/994-5ccc9e80

 | ホーム |